手相占い

私は、街で占いをやっている占い師のイメージというと、手相をみてるイメージが強いです。 日本では、占い師と向かい合って占うものの代表的なものではないでしょうか?

私が個人的に一番やってみたい占いです。 なぜかというと、一人ひとり顔が違うように、手も同様だと思うんです。指紋もそうですし。
でも、部分部分で自分と似た形をしている人はけっこういます。 なので、この部分がこうなっている人は、こういう傾向が多かった、というように統計がとれるわけですよね?
それだったら信じられなくも無いかなぁと思うんです。 あまりうまく伝えられないけどとりあえず手相だけはやってみたいですね。

手相の起源

手相は、自分を知り相手を知るための帝王の学問とされていて、 非常に歴史は長いものです。
その手相の歴史は古代インドで始まります。 その後、中国から、エジプト、ギリシアへと広まっていきました。
4000年くらい前には、既にアラビア地方で使われていたと言われています。
日本には平安時代の中期頃に、中国から伝わりました。 ソロモン王や、有名な哲学者ピタゴラス、アリストテレスなど、 たくさんの学者達も手相に興味を持ちました。
昔の手相占いは、手と人相で判断する「観相術」でした。 手相だけを占うようになったのは、中世のヨーロッパからでした。 本格的に手相がヨーロッパに広まったのは19世紀頃で、 そのきっかけは、手相研究家のキローです。

キローが『手の言葉』という本を出版して、その当時の著名人の手相を占い、 みごとに的中させて爆発的な手相ブームを起こしました。 日本にも、明治時代になってキローの手相術が伝えられました。
このことによって、中国のものが主流だった日本の手相術も西洋式のものに変わりました。
生命線や運命線という名称も、このころに付けられました。

手相の線について

基本的な三つの線

生命線
生命線は、親指と人差し指の根元の間から、 半円形を描いて手首に向う線です。 生命力の強さやその人の寿命、 健康、事故、怪我など生命に関わることから、 恋愛、結婚、独立など、開運の時期、 転換の時期を表しています。
この生命線がはっきりしていれば、 スタミナがたくさんあってエネルギーに あふれる人です。 反対に、くずれていたり、くさりの様な状態になっていると、 疲れやすく、病弱な人を表しています。

運命線
運命線は、一般的には下の部分からでていて、 中指に向かっている縦の線です。 一本とは限らず、いろんな部分から 何本もでていることもあります。 環境や職業の変化など、その人の一生の運の流れを表し、その人の仕事の運勢や社会的な運勢を判断します。

また影響線との接点により、いつ結婚ができるのかを調べることもできます。 線が直線的なほど幸運ですが、環境の変化で、切れてしまったり、線が増えたり、消えてなくなったりします。 現在運命線がなくても、目的をもてば自然に出てきたりします。

運命線がない人もおりますが、そういう方は、 女性の場合、良妻賢母の専業主婦だったり、 男性の場合、縁の下の力持ち的な存在で認められていて、幸せな人生が送れます。

感情線
感情線は、小指の下の方からから人さし指の方に向かって横に伸びている線です。 感情線は、対人関係や感情表現を表していて、短いと情熱家、長いと冷静なクールなタイプといえます。 また、感情や愛情のパターンや、心臓の機能の強弱などを表しています。

その他の線

他にもたくさんの線があるのですが、簡単に少しだけ紹介します。

印象線
生命線の内側の約5mmの場所に、生命線にくっつくようにあります。 対象者の恋人や、パートナー、対象者自身に大きく影響を与える人に関係しています。

恋愛や結婚の運勢を調べるときに重要になる線ですが、ごく小さな線ですので、 写真などで占うことは不可能に近いと思われます。 この線があると、現在の恋人などのパートナーからの影響が強くなっています。 生命線に近づくにつれて感情も近づいていることを表しています。

金運線
財運線とも呼ばれています。小指の下付近に縦に刻まれている線です。 金運線が強く現れているほど、金銭的に余裕があることを表し、複数本ある場合は、 商売のセンスが高いことを表しています。

健康線
対象者の健康状態を表しています。 この線があるから健康、ないから不健康、ではないので気をつけましょう。 この線上に出てくる□が入院を表しています。 また、線が切れていたり、波打っていたりしていると不健康な状態を表しています。

紹介した線のほかにも、いろんな種類がありますので、ぜひ探してみてください。

Favorite

東京の出張パーソナルトレーニング

最終更新日:2017/9/8